子供写真撮影のコツ
BONJOURPHOTO

子供写真のコツやアイデアを伝授
 
 
木漏れ日は絵になる写真が撮れます。影の入れ方に(顔や身体に変な感じで影が入れない)気を付けましょう
 
 
春の草木や花と共に
 
 
動物と子供はやっぱり最高です
 
 
大人の好きなモノ(趣味)をお子さんにさせるとかわいい感じに
 
 
緑のある場所(公園、森)でのシャボン玉は定番且つ最強コンテンツです
 
 
ファーストレモン
 
 
空(上)を見上げる写真はポジティブで楽しい雰囲気になります
 
 
ガーランドを取り入れるとオシャレ度アップ
 
 
 
小さなお子さんがいたらティピーテントはおすすめです。写真にしてもおしゃれでお子さんがとても喜びます
 
肩車したり
 
「たかい、たかい」もかわいい
 
 
木の陰から出て貰いました。ほっこりする写真
 
一歳までにおむつ写真も残しておきましょう
 
家族みんなの手
 
紫陽花の季節は是非
 
サングラスや
 
オシャレなソファーで太鼓
 
オシャレな椅子など主役級の小道具と共に
 
ほっぺにキス。愛情を感じる一枚
 
 
夏は水着姿で。赤ちゃんの水着ってかわいい
 
オシャレなベビーシューズ
 
 
後姿や背面
 
 
身体の一部分を切り取るのも素敵です。この時シンプルな背景で撮影すると被写体がぐっと引き立ちます
 
 
滑り台など動きのあるシーン
 
 
大人の補助で木の上で撮るのもかわいい
 
 
バースデーフォトはロウソクを吹き消すシーンをまずおさえましょう
 
 
バースデーアイテムを装着して記念撮影。楽しいポーズを付けるとハッピー感が増します
 
 
 
 
オシャレなカフェでシネマチックな写真
 
足だけの写真も温かい
 
バルーンはキッズフォトの定番中の定番
 
芝生でお昼寝。気持ちよさそう
 
子供写真を撮る時は出来るだけストロボ(フラッシュ)を使わず、その場の光だけで撮りましょう。また屋外では背景に看板や他人などは入れない様にしましょう。室内でも写真に写る部分を綺麗にしておくと写真がぐっと良くなります。
撮影は大人も子供も楽しむ事が大事で小道具であったり遊び要素を入れると写真の幅が広がります。カメラの設定は明るめにもしておくと柔らかい雰囲気の写真が撮れます
 

 
オシャレな赤ちゃん写真撮影のコツやアイデアを伝授
 
 
埼玉出張撮影
 
コンセプト
 
撮影料金
 
口コミ
 
カメラマン
 
予約フォーム
 
 
写真
 
カメラマン
 
 
出張地域
 
よくある質問
 
撮影ジャンル
 
アルバム、写真台紙
 
問い合わせフォーム
 
出張